■文章の書き方

ステップメール

ステップメールの効果的な書き方とは?

ネットビジネスに必須のステップメール。

しかし、使い方を間違えると、逆効果になってしまいますので注意が必要です。

たとえば、中身の薄い文章をステップメールでしつこく送りつけると、すぐに嫌われてしまいます。

失敗するステップメールの典型例です。

では、どういうステップメールの書き方が効果的なのでしょうか?

それには、心理学を応用するとよいです。

人の行動心理に伴ったステップメールの書き方をするのです。

そうすれば、嫌われず、好かれて、さらに利益にもつながるステップメールを書くことができるでしょう。

当サイトがあなたの会社経営のお役に立てば幸いです。


ステップメール 解除

メール配信をするときは、必ず読者が解除しやすいようにしてあげましょう。

解除の方法が分からないとクレームにつながります。

ワンクリック解除機能つきステップメールはこちら。


メール作成

メールを作成する時に気をつけたいことがあります。それは、「言いたいことを一つに絞ること」です。

まとまってないメールは読む人の気分を害してしまいますので、メールを書くときには気をつけましょう。

お勧めのステップメールはこちら。


ステップメール配信

ステップメールを配信するときに気をつけたいことは、「配信間隔」です。

毎日のように売り込みのメールが届けば誰だって「鬱陶しい」と思いますよね?

適度な配信間隔を心がけましょう。

初心者でも使いやすいステップメールはこちら。


配信 情報

ステップメールを配信するときは気をつけたいことがあります。

それは、配信する情報の質に妥協しないということです。

読者は、この情報には価値が無いと思ったら、すぐに登録を解除してしまいます。

そうならないためにも、提供する情報の質の高さを維持しましょう。

オススメのステップメールはこちら


ステップメール

ステップメールを販売促進に使うときは、注意したいポイントがあります。

それは、「がっつかない事」です。

あなたの売りたいという気持ちが強ければ強いほど、読者は逃げます。

何かを売りたいときは、あらかじめしっかりとした信頼関係を築いてからにしましょう。

おススメのステップメールはこちら


メルマガ

メルマガを配信していますか?

メルマガは使い方によっては、とても有力な販促ツールです。

配信する際のコツは、適度な配信間隔を保つことです。

しつこすぎるのもいけませんが、全く配信しないのもいけません。

読者との適度なコミュニケーションを心がけましょう。

メルマガ機能付きステップメールはこちら


ステップメール配信

読者にステップメールを配信するときに注意したいことがあります。

それは、何のために配信するかを明確にすることです。

商品を購入してもらうことを目的とする場合に書く文章と、お店のファンになってもらうために書く文章では内容も大きく異なるはずです。

まず、最初に配信の目的を明確にしましょう。

使いたい放題無制限のステップメールはこちら


メール作成

昔、昔、あるところに・・・

と始まった瞬間、ついつい、あなたは文章を読みはじめませんでしたか?

「緊急告知!」などのあからさまな売り込み文章を読みたがる人は少ないです。

しかし、物語風に書き始めると、人は続きを読みたくなります。

何故かというと物語には必ず終わりがあり、読み始めた以上結末を知りたくなるからなのです。

このことはステップメールを書くときにも十分応用出来そうですね。

おススメステップメールはこちら


メルマガ 作成

メルマガを作成するときに気をつけたいことがあります。

それは、名前挿入機能を使った配信をするときに、メール文中に「みなさんは」と書いてしまうことです。

配信者としては、複数の読者を対象にしていますので、ついつい書いてしまいがちなのです。

このミスを犯すと、「あなただけに配信しています」という効果が台無しです。

ステップメールのアスメルはこちら
 


メール 販促

ステップメールは販売促進にも効果的です。

繰り返し商品をおススメする内容のメールを送信することで、購買に結びつきやすくなるからです。

ただ、あまりにしつこい販売促進はおススメできません。

基本的に人は売込みが好きではないからです。

一つのメールでおススメする商品も一点に絞った方が効果的です。

ステップメールを販売促進に活用するときは「ほどほど」を忘れないようにしましょう。

ステップメールのアスメルはこちら


メルマガ 作成

ステップメールを書くときに特に気をつけたいことがあります。

それは、妙に「馴れ馴れしく」書いてしまうことです。

気をつけていても、ついやってしまいがちなので文章は何度も見直しましょう。

ちなみに見直すときは、書いた次の日をおススメします。

一度冷静にならないと、なかなか正確な判断は出来ないですからね。

おススメのステップメールはこちら